平成16年10月9日 小学生市場見学会についての紹介

10月11日 陸奥新報に掲載された記事。

画像をクリックすると記事を閲覧できます。
PDFファイル:容量7.76M
容量が軽い(1.5M)白黒記事はこちらから
この画像は当該ページにかぎって蒲、奥新報の記事利用を許諾をしたものです。
転載ならびにこのページのリンクを固くお断りいたします。

施設見学会は五所川原市教育委員生涯学習課が主催したもので、今回が3回目。
児童に水産市場の仕組みを知ってもらうとともに、食についての認識を高めてもらおうと、
県ほたて流通振興協会の協力も得て行われました。
見学会には市内の六小学校から児童30人が参加しました。

開催するするに先だって、弊社社長より挨拶がありました。(※画像1)
児童は競りを見学し、競り人の威勢のいいやりとりや市場内を見学し、 魚介類の多さに驚いていました。(※画像2)
次にマグロの解体を見学しました。(※画像3)
場所を移動して、ホタテの殻むきを行い、(※画像4)悪戦苦闘してました。
県ほたて流通振興協会より、ホタテついて様々な知識を教わり、いろいろな質問が飛び交いました。(※画像5)

最後に市場で用意された、いくら丼、シジミの味噌汁の朝食を味わってました。(※画像6)

画像1:社長挨拶画像2:市場見学画像3:マグロ解体
画像4:ホタテ殻剥き画像5:ホタテの説明会画像6:朝食

平成15年度の市場見学会の様子はこちら